静岡県の新型コロナウイルスに係る補助金・助成金情報

静岡県の新型コロナウイルス状況

警戒レベル5(特別警戒)

静岡県の新型コロナウイルスに係る補助金・助成金・融資情報

静岡県静岡市『地域型宿泊誘客事業補助金』

市内観光業界の、コロナ禍からの早期回復を支援するため、感染予防対策等を徹底したうえで誘客事業を実施する市内宿泊事業者を中心とした団体に、事業費の一部を補助。

対象

  • 市内宿泊事業者が中心となり、会員間で共同事業等を実施することを目的に組織された団体(例:地域の「ホテル旅館組合」ほか、左記に準ずる団体)

【準ずる団体】「複数の市内宿泊事業者が中心(概ね5者以上の団体で過半数が市内宿泊事業者)」となって、 「共同事業を実施することを目的に」、「一定の同一性(営業地域や形態など)のもと」組織された団体であり、 「活動実績や継続した活動意向を有する」もの(補助の可否は個別に判断)

対象事業

以下の事業のうち、市内宿泊施設への誘客促進や市内宿泊施設を中心とした観光消費喚起に効果があると認められるもの。

  • インセンティブ事業
  • 受入環境整備事業
  • 情報発信事業

補助金額

補助上限:団体内の市内宿泊施設定員数の合計 × 5,000円

補助率:「インセンティブ事業」の原資(割引費用、配付物品の調達費用)10/10

上記以外の経費2/3※補助上限金額の40%まで


受付期間:令和3年6月1日(火)から 令和3年6月30日(水)まで

出典・参考:静岡県静岡市:地域型宿泊誘客事業補助金

https://www.city.shizuoka.lg.jp/526_000001_00087.html

静岡市地域消費促進事業

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた市内の商業活動の周遊性又は再来訪率を向上させ、及び近年需要が高まっているキャッシュレス決済を活用し消費を喚起することによる地域経済の活性化を図るため、地域消費促進事業を実施する商店街団体や商業者グループに対し、事業費の一部を補助。

対象団体

構成員の6割以上がキャッシュレス決済を導入している団体で次に掲げるもの

  • 商店街団体(静岡市内の商店街振興組合、商店街事業協同組合、一定の地区内における主として中小小売商業者により組織された団体)
  • 商業グループ(静岡市内で小売業、飲食業、生活関連サービス業等を営む商業者10以上で構成されたグループ)

補助金額

新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を講じたうえで実施されるクーポンを提供する事業にかかる以下の経費を補助。

上限額:

  • キャッシュレス決済を導入している店舗 × 10万円
  • キャッシュレス決済を導入していない店舗 × 5万円

補助率:

  • 構成員の共通値引券による値引きに相当する額を負担した費用 補助率:10/10
  • 事務経費(広告宣伝費、委託料、消耗品費、印刷製本費) 補助率:2/3 補助額:上限200万円まで

受付期間:令和3年6月1日(火)から7月30日(金)まで

出典・参考:静岡市地域消費促進事業について

https://www.city.shizuoka.lg.jp/381_000129.html

静岡県について

日本最高峰である標高 3,776 m の富士山があり、緑茶の出荷額も全国の61%で全国の茶園面積の41%を占めています。 またホンダの発祥地、スズキ、ヤマハやカワイといった日本屈指の企業の本社所在地であることから第二次産業が非常に発達しています。 全域が太平洋側気候ではありますが、標高差が大きいため地域による寒暖の差が激しい気候です。

出典・参考 静岡県:ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C


令和3年現在の人口

3,611,638人

静岡県の面積

約7,777平方キロメートル

静岡県の市町村

西部地域

浜松市 磐田市 掛川市 袋井市 湖西市 御前崎市 菊川市 森町

中部地域

静岡市 島田市 焼津市 藤枝市 牧之原市 吉田町 川根本町

東部地域

沼津市 熱海市 三島市 富士宮市 伊東市 富士市 御殿場市 裾野市 伊豆市 伊豆の国市 函南町 清水町 長泉町 小山町

賀茂地域

下田市 東伊豆町 河津町 南伊豆町 松崎町 西伊豆町